PPF Blog

カテゴリー別アーカイブ: インターナショナル事業

英語バージョンのナレーション

どーもどーもどーも!クリス グレンです。

東海テレビさんが制作し、ギャラクシー賞を受賞した作品「熱中コマ大戦」の
英語バージョンのナレーションを担当させていただきました!

IMG_2151

 

「ギャラクシーの大賞は逃したけど、次はエミー賞とアカデミー賞を獲りにいきます」
というスタッフと会食。

 

中国語字幕版と韓国語字幕版も制作予定だそう。楽しみ!!
こうして日本の作品が世界へいくのは、すごく嬉しいことだよね。
これからも、いろんな企業や地域のビジネスや作品や観光スポットを世界に発信する
お手伝いができるように、翻訳、ナレーション、プロモーションのお手伝い、頑張ります。

 

 

 

外国人のインセンティブ旅行メンバーの甲冑講座&古武道体験

「外国人のインセンティブ旅行メンバーをガイド」の続き。
名古屋城の後は、雰囲気も料理もすばらしい、南山ハウスへ。
食事を楽しんだあとは、僕、クリス グレンによる甲冑講座!

僕が甲冑師に弟子入りして、1年半かけて制作した甲冑を持参して
甲冑の制作工程や甲冑の機能性、甲冑を着たときの戦い方などに
ついて説明しました。

nanzan4

 

その後は、古武道師範代のアメリカ人Russと一緒に、刀、なぎなた、手裏剣を使った
古武道のデモンストレーション。

nanzan3 nanzan2 nanzan6

 

そして、みなさんで体験。

nanzan1

 

楽しんでもらえたみたいで良かったです!
これからも、日本の魅力を伝える活動がんばります!!

 

【クリス グレンによる、ガイドツアー&日本文化講座のお問い合わせ】
http://www.ppfppf.com/contact/
得意分野:城、古戦場、武将関連スポット、古武道、甲冑
言語:英語、日本語

外国人のインセンティブ旅行メンバーと名古屋城!

昨日は、オーストラリアからのインセンティブ旅行メンバーをつれて
名古屋城へ行ってきました。僕の役目は、もちろん、名古屋城の魅力を
英語で伝えること。

 

nagoyain3

名古屋城築城の歴史、徳川家のこと、石垣や天守閣のこと、サムライとの関係
名古屋城の建築方法についてなど、観光ガイドパンフレットに載っている以外の
マニアックな情報まで、いろいろと説明させていただきました!
名古屋城の大天守と小天守を結ぶ「剣塀」についても、みんな興味津々。
石垣の積み方の美しさ、反りについても興味を持っていましたよ〜。

nagoyain2

 

名古屋城の石垣は「刻紋」が、よく見えます。この「刻紋」は簡単に言うと、石垣を
運んだ大名たちが「ここの石を運んだ(ここの石垣をつくったのは)僕たちです!」
というアピールをするためのもの。その説明を聞いたオーストラリアの人たちは
「俺も自分のサインを入れた石を積みたいなぁ」と言っていました。
そんなアトラクションがあったら、けっこう受けるかも(笑)

nagoyain1

 

名古屋城は、第二次世界大戦が終わるほんの少しまえに空襲で燃えてしまった。
その前は、姫路城よりも立派な、国宝に指定されるほどの城だった。
と説明すると、みんな「それは本当に残念だ・・・」と、悲しい表情をしていました。
名古屋城の本丸御殿も、かなり評判よかったですよ!
名古屋城を案内した後は、場所を移動して、さらに続きます・・・

 

 

【クリス グレンによる、ガイドツアー&講座のお問い合わせ】
http://chris-glenn.com/contact/
得意分野:城、古戦場、武将関連スポット、古武道、甲冑
言語:英語、日本語

外国人の僕が「地域を学ぼう!」と言う理由

どーもどーもどーも!PPF代表のクリス グレンです。

僕が副理事をつとめるNPO 名古屋国際観光推進協議会(NITA)では、
去年から、「郷学」=ふるさとを学ぼう!という勉強会をやっています。

NITA140517

これを開催している理由は、ただ僕たちが「歴史が好きだから」では、ありません。
「自分の生まれた地域、自分の住んでいる地域を知ることで、地元(ふるさと)に誇りを持とう
アイデンティティを持とう」ということで、毎月、地域の歴史を学んでもらうために企画している
勉強会です。

nita130112

 

(写真:NITA主催 第一回郷学・名古屋城の魅力を再発見!2013年11月)

 

オーストラリア人である僕が、日本に来てビックリしたことは、日本の人たちって、自分の
国や自分の地域、自分の家族についての歴史を知らない…ということ。いろんなことを聞いて
も「しらなーい」「わかんなーい」という答えが返ってくる・・・。あまり自分の国に「誇り」
や「愛国」を感じていない、自分の国の「魅力」に気づいていない…。【学校や家族から、勉強
しないのかな???】これは、すごくもったいないことだなぁ…と思いました。本当の意味で
「国際人」になりたいなら、「国際人」として世界で活躍したいなら、自分の国のことを知って
いる、自分の国について話せることが、すごく大事です。逆に外国人で「自分の国、自分の生まれた
街のことを話せない」人は、あまりないと思います。「国際人」になる必要がないと思う人でも、
やっぱり、自分のふるさとを愛することは大事じゃないかな?

 

nita130111

 

(写真:NITA主催 第一回郷学・名古屋城の魅力を再発見!名古屋城ツアー2013年11月)

 

名古屋城は、名古屋のシンボルだし、一番の観光スポットになっているわけですが、名古屋の人
たちは「えー、あんなところ別に面白くない」「名古屋城っていったって、コンクリートじゃん」と
言うんですね。でも、ちゃんと名古屋城の歴史やすごさを知ると「名古屋城って、すごい!」
「名古屋って、すごいじゃん」と思えるようになるんです。そうすると、自分の住んでいる街に誇りが
持てます。今の「名古屋の街」は、徳川家康が築城した「名古屋城」があったからこそ、できあがった
んだから。

 

そういう意味で、大人の僕たちが、ちゃんと未来に伝えていこう、子供たちに伝えられる大人に
なろう…というテーマをもって、勉強会を企画しています^^ 子供たち、そして中高生、大学生の
みなさんは、これから未来の日本をつくっていく人たち!だからこそ、子供たちや学生さんにも、
たくさん参加してほしいな…と思っています。長くなったけど、そんな気持ちでやっています。

自分のふるさとを「語れる人」になりましょう!市民全員、民間大使!他の地域、海外から来た
お客様を「おもてなし」する基本です^^ まずは「名古屋」からスタートしているけど「名古屋」
から、どんどん外へエリアも広げていきたい。がんばります!

■【講演】外国人から見た日本 / クリス グレン

どーもどーもどーも!クリス グレンです。
昨日は、ZIP-FMでの生放送を終えてから
ロータリーの会合で講演をさせていただきました!
テーマは「外国人から見た日本」

o0450031412554243214

ぼくが今こうやって、
日本に住んで、日本で仕事をして、大好きな日本の歴史を伝えたりする活動ができるのも、元々は、
ロータリーの交換留学生として日本で1年生活させてもらったから。

だから今も
ボクがそうだったように、日本の素晴らしさを外国人にも知ってもらうことで、日本の魅力を
わかってもらって、日本に興味を持ってもらって、たくさんの人に日本に遊びにきて欲しいし、
日本を見てほしいし、日本を好きになってほしいと思っています。

そのために、
甲冑を自作して着て、日本の文化を守り伝えたり、オーストラリアの小学校で、日本の文化を見せたり
WEBマガジンをつくって、日本の魅力を発信したり、さまざまな活動をやっています。

大人でも、子供でも
ボクが活動することで、一人でも「日本に興味が出てきた…」と思ってもらえたら、嬉しいです。
ボクができることは、そんなことくらい。これからも、ロータリーへの感謝の気持ちをこめて
日本への感謝をこめて・・・

頑張ります!!